お仕事紹介その1・ホームページ作成

のほほんとした島暮らしのことばかり書いてますが、
仕事もちゃんとしております(^^;
どんな仕事なのかぴんとこない方もいるかと思いますので、
制作例と共に少しずつご紹介していきます。

第一回目は、沼本ボート様HPリニューアルの件!

津久井湖の貸しボート 沼本ボートHP

神奈川県の津久井湖で50年近く貸しボートを営まれている沼本ボートさん。
ホームページを作ることが一般にも認知され始めた2000年から、船長が
独学でhtmlを勉強されて、ホームページの作成、運営をされていました。
そして20年近く、ほぼ毎日のように更新されていました。
これが何よりすごいこと!
作ったことで満足してしまって、その後の更新が疎かになっているホームページがたくさんある中で、
釣果や水位を更新し続けた、まさに継続は力なりの歴史あるサイトです。

サーバ容量もいっぱいいっぱいだし、スマホに対応していないし、
ここいらでリニューアルしたい!とのご依頼をいただき、
デザインから構築までトータルで対応させていただきました。

津久井湖はダムの放流などにより水位の変動があり、またそれが釣果に大きく影響するそうです。
沼本ボートさんでは水位に変化があるごとにこまめに更新されているので、
常連さんはもちろんのこと、津久井湖周辺で釣りをする人の大事な情報源になっていました。
また、写真付きで釣果が紹介されることを密かに楽しみにしているお客様も多いとか^^

その20年に渡って培ってきた「釣り人に必要で嬉しい情報」を
シンプルかつ分かりやすく掲載することを念頭において制作いたしました。

■最新情報がすぐにわかる
リニューアルに際し、色々とご希望を伺ったところ、
「情報の見やすさ・探しやすさ」を最重要ポイントとしてあげられました。
頻繁に更新されていて、釣りに出かけるかどうかの判断材料にもなる「水位」を、
どこのページからも見られるよう、全ページ共通のレフトナビに配置しました。

また、更新頻度の高い釣果ページは、掲載情報にばらつきがあったので、
必要な情報・不要な情報をヒアリングし、お客様にとって必要な情報を
見やすくまとめさせていただきました。

■更新を楽に
リニューアル後もご自身でhtmlを使って更新をしたいとご希望だったので、
出来る限りシンプルなhtmlで構築しました。
日々蓄積されていく水位や釣果はExcelを使って管理し、
そこからhtmlソースも作成できるようにしています。
また、複数のページで同じ情報を使用する部分については、
一度の更新ですべての情報が反映されるように簡単なシステムを導入しました。

■スマホ対応
スマホ対応にしたい!というのもリニューアルの大きなきっかけでした。
20年前はスマホなんてなかったですしね。。技術進歩早すぎ(ノД`)
スマホサイトを別に作ると管理が倍になって大変なので、
レスポンシブデザインで対応しました。

—————————

ホームページ制作の流れはざっくりこんな感じです。
①現状確認、改善点やご要望のヒアリング
②ページ構成・仮デザインを作成
③ご確認→修正 を繰り返して希望に添う形に仕上げる
④デザイン確定!
⑤コーディング・プログラミング
⑥公開

③の段階で何度もクライアントとやり取りをします。
一番時間がかかりますが、重要な工程です。
沼本ボートさんは一番大切にしたい部分が明確になっていて、
それ以外の部分はかなり自由にやらせて下さったのでありがたかったです。
できあがりにもご満足いただけたことと、
日々の更新も問題なくできていることが嬉しいです^^

なお、リニューアルの際にロゴも作成させて頂いたんですが、
「沼本ボート」の文字は船長がビニールテープで描いた看板の文字を使っています!
手作り感があって、他にない味がありますし、なにより
常連のお客様には馴染みのフォントですからね^^
おかげさまでお客様にも好評だそうでうれしい限りです。

こんな風に仕事の邪魔をされながらも引き続き精進します(^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です