気づいたら一年

あっっという間に、八丈島へ移住してから一年が経ちました。
本当に一年が早くて、これは年のせいなのか毎日が充実しているからなのか。。。

去年の今頃は、まずネズミの洗礼を受けて心が半分折れていましたね(笑)
結局5月くらいまで、あれこれネズミ対策を調べては実行し、不発に終わり。。。
ということを繰り返して神経をすり減らしていました^^;
今となっては思い出のひとつですが、かなりしんどかった・・・

結局、ネズミは大家さんに対策をお願いしたところこれが効果てきめんで、
その後ほとんど出てこなくなりました!!

対策後も、何度か天井裏で不穏な音がしたこともあったのですが、
新しく迎えた小僧猫のおかげか、居つくこともなく、
もうここ数か月まったく音も気配もありません。


ヤンチャな小僧猫・チータ


トラさんに襲い掛かる小僧

安眠の日々!心の平穏!それは明日への希望!!
…という感じで、ネズミ問題が解決されてからは毎日が本当に快適で、
移住してよかった!!と心の底から思えるようになりました^^

夏は綺麗な海で魚と泳いで感動しまくった。
秋はススキが島内のあちこちで揺れて散歩に最高。
冬はそれなりに寒いけど東京よりはマシだし、クジラや渡り鳥を探す楽しみがある。
友人とはしょっちゅうおすそ分けしたりされたり、楽しい食卓に誘ってくれて。

いやぁ、ホントに移住してよかったです。
ここ数年、毎年冬には風邪をひいてたけど、今年はひかなかったもんなぁ。
やっぱり毎日ゆったりとストレスフリーな生活をしてるからだと思います。

それもこれも、ご近所の方や島で出会った方、友人、
そしてお仕事を下さるお取引先様と家族のサポートがあってこそ。
この場を借りてお礼申し上げます<(_ _)>

これから少しずつでも島のお役にたてることができたらなと思っております。
2年目もよろしくお願いします^^

カメラ新調

買ったときは「うわーすげーキレー!」と思ったカメラも、
数年たてば新しい機種と比べて見劣りするようになるもの。。
我々は仕事で使っていることもあり色々と不便を感じていたので
思い切って新調しました。

canon EOS 5D MarkⅢ。

まず持ってみての感想は、
くっそ重いwwwww
今まで使っていたのがKISSだったせいもあると思うんだけど、
持ち運ぶだけで腕がムキムキになりそうだ。。
運動不足なのでちょうどいいと思うようにします。

早速使ってみましたが、やっぱり素晴らしいです。
まずフォーカスの速度がむちゃくちゃ速い!
あっと思った時にはフォーカスが合ってシャッターも切れてるので
猫とか鳥とか動くものを撮る時にストレスがないです。

そして多少暗くても綺麗に撮れる!
室内での撮影が多いのでとてもありがたいです。

WEB用にサイズを落としてあるけどちょこっとお披露目

●夕日

2k1a3573
●夕日とススキ

2k1a3575

●夕日と月(左上にちっちゃい三日月)

2k1a3584

 
●トラさん

2k1a3047

●トラさん(最近キャットタワーがお気に入り)

2k1a3338
●トラさん(こぼれ落ちそう・・・)

2k1a3601
●フクちゃん(遠くからでもこの通り綺麗に撮れる)

2k1a3035

・・・夕日と猫しかねーな。。。

まだまだ全然使いこなせてないので勉強勉強!
カメラに見合う写真が撮れるようにならないとですね。

トラさん脱走事件(後半)

<前回までのあらすじ>
夜陰に紛れ脱走を企てたトラ。
床下で追手をやりすごしていたところを宿敵・黒猫のフクに発見されてしまう。
増援を呼ばれニンゲンに取り囲まれるトラ…絶体絶命のピンチ!

お隣さんの床下でフクちゃんとにらみ合い、カチコチになっているトラさんを発見。
良かった見つかった!!とホッとしたのもつかの間、大事なのはここから。
この時は手を伸ばせば届くか届かないか、くらいの距離にいるトラさん。
刺激してさらに奥へと逃げられたらもう手が出せない!慎重な対応が求められます。

まずはトラの目と鼻の先で威嚇しているフクちゃんをどうにかせねば。
不思議なことに、こんなに近くにいるのに、トラに飛びかかったりする様子がないフクちゃん。
普段網戸越しに対面する時は飛び掛かりそうになることもよくあるのに。
トラに戦意がないことを悟っているのか、
「てめーさっさと家に帰れよ」というお叱りの威嚇なのか。。
ともかく、下手にこちらが手を出してフクちゃんを刺激してしまうと
そのままケンカに発展しかねないのでどうしたものかと手をこまねいていたところ、
オットが普段あげているカリカリご飯を持って来たりフクちゃんの名前を呼んだりしてたら
スッと床下から出てきたフクちゃん。ありがとうフクちゃん!アンタほんまに賢い子や!!

この機を逃すまいぞとトラさん捕獲作戦開始。
トラさんは手を伸ばしてようやく触れるくらいの距離にいるので、
最近お気に入りのおやつ「ちゃおチュール」でおびき寄せる作戦です。

いつもならチュールを鼻先に近づけると前のめりで食いついてくるのですが無反応。完全に固まっています。
私の後ろに、すぐ近くにフクちゃんがいるのでまだ警戒しているようです。
オットと友達に、フクちゃんを遠ざけてくれるように要請。
しばらくして「フクちゃん遠くに行ったよ」と声がかかったので
改めてチュールをあげたら、ようやくこちらを向いてペロリとなめた!
一口なめたらこちらのもの。チュールの誘惑には勝てないトラさんは
夢中でペロペロペロペロ…少しずつこちらに引き寄せられているとも知らず。。。
引き寄せられるところまでおびき出したら一気に捕獲!!
5.5kgの体重で抵抗をされたのでかなり重かったけど、
ここで放した二度と帰ってこないかもしれないと思うと絶対放すもんかと力が湧くもんです。
無事に確保!がっちり抱っこ!!

あぁぁぁぁぁあああ~~!!よかったよぅよかったぁぁあああーー!!!
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

急いで家に駆け戻り、窓が全部閉まっていることを確認のうえトラを開放しました。
怯えて隠れるかと思いきや、何食わぬ顔で毛づくろいを始めて、「ふーやれやれ」って感じで水を飲むトラさん。
その後も何もなかったかのように人の膝の上で寛ぐトラさんでした。。。

ふーやれやれ

ちっとは悪びれろよ!!でもスキッ!(´〓`)無事でよかったよ!!

あとになって聞いた話ですが、フクちゃんを遠ざけて、と言われたオットは
エサをちらつかせたり名前を呼んだりしてなんとかフクちゃんの気をトラから逸らせようと奮闘。
そこへ「私がフクちゃんを(抱えて)遠ざける!」と意気込んだ友人がやってきて、
闇にまぎれたフクちゃんを探そうと半歩下がったところ
まさかのそこにフクちゃんがいて踏んづけてしまうというアクシデント発生!
リアル猫ふんじゃった状態。
当然フクちゃんはふぎゃぎゃぎゃぎゃと泣きながら飛び退り、
慌てた友人が「ごめんフクちゃん大丈夫?!」と駆け寄るも
ふぎゃぎゃぎゃぎゃと威嚇しながら逃げて行ったそうです。

結果的にトラから遠ざけてくれたわけですが、、、
恩人(猫)になんてことしてくれたんだと非難轟々の友人。
功労者なのに罪人扱いされる流人の島でありました。

その後のフクちゃんはというと、変わらず天気のいい日には遊びに来てくれます。
気がかりだったケガとかもなくて本当によかった…!
ありがとうそしてごめんなさい^_^;

飼い主さんに聞いたところ、フクちゃんは東日本大震災で津波に流されていたのを保護された猫だそうです。
福島のフクちゃん。不思議な縁で島にやってきたフクちゃん。
相変わらずトラさんと目が合うと威嚇しあう仲ですが、
うちにとってはまさに救世主。フクの神であります。

鎮座されるフクの神

<<終>>

トラさん脱走事件

先日、うちの愛猫トラさんが脱走しました。

img_1961

トラさんは繊細でおとなしく、まったりとした穏やかさんなのですが、
頭もよく、意外に抜け目のない子だったりします。
前の家でも網戸を器用に開けてベランダで風に当たったりしてました。
島に来てからも、一度ほんの一瞬のスキをついて網戸を開け
外に飛び出したことがあったんですが、我々が必死の形相で追いかけまわしたのに懲りたのか、
それからは自分で網戸を開けることもありませんでした。

そんな風に油断していた先日、夜の9時過ぎに、カーテンの影に隠れて網戸を開け脱走したトラさん。
その時、友人を招いて宴会中だった我々は、しばらくたってからそのことに気づきました。
気づいた瞬間真っ青になり、みんなで表に飛び出しあたりを探し回りました。
時間が時間なので、控えめな音量で名前を呼びながら。

トラは14歳ともうおじいちゃん。
都会のマンションでぬくぬく暮らしていた完全な箱入り猫です。
島の野良ネコちゃんに遭遇したら100%フルボッコにされてしまう。

夜、しかもうちの周りは街灯も少ないし、何より家の周囲がロベ畑!!完全なる闇です。
猫にとっては隠れる場所なんかいくらでもあります。
はっきり言って見つかるあてもなく途方に暮れていた時に、
縁側に近所の黒猫・フクちゃんが現れました。

kimg0039

天気がいい日にはうちの庭先に現れ、トラさんと威嚇しあう間柄のフクちゃん。
夜にうちに来るのは初めてでした。
トラはもう戻ってこないかもしれない・・・と憔悴していた私は
「フクちゃん、うちのトラさん探してきてよ」と冗談半分で話しかけました。

「オレには関係ねぇぜ」とでも言いたげなクールな眼差しで闇に消えていくフクちゃん。
黒猫ってほんとに夜だとどこにいるかわからなくなるな・・・とぼんやりしていたら、
一緒にトラを探してくれていた友人が「なんか声しなかった?」と。
聞き耳を立てると、たしかに近くで猫のうなり声が。
トラの声だ!!!!

声のする方へ静かに近づいて行ってみると、お隣さんの床下から威嚇しあう猫の声が。
(島のお宅は湿気や鼠対策のため、高床式のおうちが多いです。うちもそうです)
床下を覗き込むとフクちゃんの目と鼻の先で固まるトラの姿が!!

い、いたぁぁぁぁぁ~~~!!!!

<<後半に続く>>

img_1968

都会との違い

気が付いたら前回の投稿から10日。。。
島に来て、驚くほど時間がたつのが早い!

でも東京で暮らしていた時のような、時間に追われてる感覚はないのが不思議。
「9:30の電車に乗るから家を9時に出て・・」とか
「家出るのが5分遅れたからバスで!ってバスが遅れてるぁぁぁ」とか、
ホントに分単位で時間のことを考えていました。
たった5分の電車遅延に舌打ちしたりとか。

それが今じゃ、おなかがすいたなって思って時計見るくらいなもんですよ。
まだ一か月しかたってないのに。。
すっかり島時間が体になじんだようです。

 

こっちに来てから、朝が早起きになったので、一日が充実してるのかなと思います。

 

島って実はけっこう雨が多くて、一日通してすっきり晴れる日は珍しいそうです。
確かに、晴れてると思ってたらいきなりザーッと降ってきたり、
一日どんよりした雲の隙間からたまに光が入るとか、そんな日が多いです。
だから、今日は一日晴れそう!っていう日は朝から洗濯。
しかもそういう日は日照時間を無駄にしたくないから、
早めに起きて洗濯しようって気になります。
太陽の光って恵みなんだなぁ。

 

あと、こっちは虫が多くて、特に私の住んでいるあたりは周りが畑なので、
注意が必要って言われてます。
Gとか大っ嫌いなので、こっちも必死になります。
生ごみは週に2日、ゴミ出しは8:30までに。
出し忘れると大変なことになる・・・!という強迫観念が働くのも、早起きを後押ししてくれます。
マンションに住んでた時は、24時間、いつでもなんでもゴミを出せたんで、
夜中のゴミ出しとか当たり前でした。
ゴミ袋が有料だったから、ケチってため込んでしまったり。。

今じゃ考えられない。ゴミをためる=虫がたかると戦々恐々です。。

 

虫対策にはほんと気をつかうね!

生ごみ用の密閉できるゴミ箱を買ってこまめに捨てるのはもちろん、
食べ物は外に出さないように、食器もすぐに洗って、排水溝も毎日掃除するようになりました。
夜ご飯の食器を翌日の朝洗うとかフツーにしてたこのズボラな私がありえない変化ですw

田舎でズボラしてたら気持ちよく暮らせない!と悟りました。

「ていねいな生活」ってよくロハス的な雑誌とかで使われますけど
単なる虫対策じゃねーかって思いましたw

 

 

引っ越し当初、カチカチになっておびえていたトラさん。

トイレに何度も行ったり(出ないのに)、ふすまを開ける音にいちいちビクッとして逃げたりと

環境に慣れるか心配でした。

2週間くらいでだいぶ慣れて、天気のいい日は縁側でブースカ寝るようになりました。

よかったよかった。

IMG_0832

レンズ買ったった

 

先日、仕事兼趣味用として、「撒き餌レンズ」と名高い
「EF50mm F1.8 STM」を買ってみました。
「あーこういう感じの写真が撮りたかったーっ」っていうショットが
手軽に撮れていいですね。

明るいレンズだから室内照明でもそこそこ撮れるし、
食べ物や雑貨とか、卓上のものを撮りたくなるね!
あとはぬこたん!
ブログ向きかもしれないですね。

ということでうちのトラさん、初登場。

20160205

加湿器の陰から獲物(ねこじゃらし)を狙っています。