秋…?冬…?

本州は雪が降ったりしてかなり寒くなっているようです。
八丈島もやはり寒くなってきましたが、やはり本州ほどではありません。
日が出ている日中は長袖シャツとパーカーでOK。
すこし動くとパーカーもいらないくらい。
朝晩は冷えますが、まだホットカーペット(弱)でなんとかなってます。

空気が乾燥していないからか、刺すような寒さはないんですよね、今のところ。
群馬の冬は文字通り肌が固まるような寒さがあったけど、
こちらはひんやり、という言葉がしっくりくるような寒さです。

少し寒くなってきたかな、秋だなーと思い始めた11月後半あたりから、
家の中にヤ・・・ヤスデが出るようになりました(><)
大量発生というほどではないにしろ、毎日5匹くらい退治してます。
ヤスデって、危険を察知するとクサイ液を出すらしいんですが、
それが木酢液のような、正●丸みたいな匂いなんですね。。
見つけ次第ティッシュで潰してるんですが、ごみ箱が正露●くさくなっています。。。(;´Д`)オゥェ

島の一部地域ではヤスデが大発生するらしく、
家の外壁を一周するだけでビンにヤスデがいっぱいたまるとか、
家の周りでヤスデを駆除したら10kg袋×5袋になっただとか、
大発生地域の道路を車で通ると「ブチブチブチッ」という音がするだとか、
もはやホラーとしか思えない逸話をたくさん聞きました。。
幸い、うちのあたりでは今までに大発生したことないらしいのですが、
何しろ自然が相手ですからね。。今年大発生しない保証はどこにもない。。
戦々恐々としているこのごろです。

カメラ新調

買ったときは「うわーすげーキレー!」と思ったカメラも、
数年たてば新しい機種と比べて見劣りするようになるもの。。
我々は仕事で使っていることもあり色々と不便を感じていたので
思い切って新調しました。

canon EOS 5D MarkⅢ。

まず持ってみての感想は、
くっそ重いwwwww
今まで使っていたのがKISSだったせいもあると思うんだけど、
持ち運ぶだけで腕がムキムキになりそうだ。。
運動不足なのでちょうどいいと思うようにします。

早速使ってみましたが、やっぱり素晴らしいです。
まずフォーカスの速度がむちゃくちゃ速い!
あっと思った時にはフォーカスが合ってシャッターも切れてるので
猫とか鳥とか動くものを撮る時にストレスがないです。

そして多少暗くても綺麗に撮れる!
室内での撮影が多いのでとてもありがたいです。

WEB用にサイズを落としてあるけどちょこっとお披露目

●夕日

2k1a3573
●夕日とススキ

2k1a3575

●夕日と月(左上にちっちゃい三日月)

2k1a3584

 
●トラさん

2k1a3047

●トラさん(最近キャットタワーがお気に入り)

2k1a3338
●トラさん(こぼれ落ちそう・・・)

2k1a3601
●フクちゃん(遠くからでもこの通り綺麗に撮れる)

2k1a3035

・・・夕日と猫しかねーな。。。

まだまだ全然使いこなせてないので勉強勉強!
カメラに見合う写真が撮れるようにならないとですね。

トラさん脱走事件(後半)

<前回までのあらすじ>
夜陰に紛れ脱走を企てたトラ。
床下で追手をやりすごしていたところを宿敵・黒猫のフクに発見されてしまう。
増援を呼ばれニンゲンに取り囲まれるトラ…絶体絶命のピンチ!

お隣さんの床下でフクちゃんとにらみ合い、カチコチになっているトラさんを発見。
良かった見つかった!!とホッとしたのもつかの間、大事なのはここから。
この時は手を伸ばせば届くか届かないか、くらいの距離にいるトラさん。
刺激してさらに奥へと逃げられたらもう手が出せない!慎重な対応が求められます。

まずはトラの目と鼻の先で威嚇しているフクちゃんをどうにかせねば。
不思議なことに、こんなに近くにいるのに、トラに飛びかかったりする様子がないフクちゃん。
普段網戸越しに対面する時は飛び掛かりそうになることもよくあるのに。
トラに戦意がないことを悟っているのか、
「てめーさっさと家に帰れよ」というお叱りの威嚇なのか。。
ともかく、下手にこちらが手を出してフクちゃんを刺激してしまうと
そのままケンカに発展しかねないのでどうしたものかと手をこまねいていたところ、
オットが普段あげているカリカリご飯を持って来たりフクちゃんの名前を呼んだりしてたら
スッと床下から出てきたフクちゃん。ありがとうフクちゃん!アンタほんまに賢い子や!!

この機を逃すまいぞとトラさん捕獲作戦開始。
トラさんは手を伸ばしてようやく触れるくらいの距離にいるので、
最近お気に入りのおやつ「ちゃおチュール」でおびき寄せる作戦です。

いつもならチュールを鼻先に近づけると前のめりで食いついてくるのですが無反応。完全に固まっています。
私の後ろに、すぐ近くにフクちゃんがいるのでまだ警戒しているようです。
オットと友達に、フクちゃんを遠ざけてくれるように要請。
しばらくして「フクちゃん遠くに行ったよ」と声がかかったので
改めてチュールをあげたら、ようやくこちらを向いてペロリとなめた!
一口なめたらこちらのもの。チュールの誘惑には勝てないトラさんは
夢中でペロペロペロペロ…少しずつこちらに引き寄せられているとも知らず。。。
引き寄せられるところまでおびき出したら一気に捕獲!!
5.5kgの体重で抵抗をされたのでかなり重かったけど、
ここで放した二度と帰ってこないかもしれないと思うと絶対放すもんかと力が湧くもんです。
無事に確保!がっちり抱っこ!!

あぁぁぁぁぁあああ~~!!よかったよぅよかったぁぁあああーー!!!
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

急いで家に駆け戻り、窓が全部閉まっていることを確認のうえトラを開放しました。
怯えて隠れるかと思いきや、何食わぬ顔で毛づくろいを始めて、「ふーやれやれ」って感じで水を飲むトラさん。
その後も何もなかったかのように人の膝の上で寛ぐトラさんでした。。。

ふーやれやれ

ちっとは悪びれろよ!!でもスキッ!(´〓`)無事でよかったよ!!

あとになって聞いた話ですが、フクちゃんを遠ざけて、と言われたオットは
エサをちらつかせたり名前を呼んだりしてなんとかフクちゃんの気をトラから逸らせようと奮闘。
そこへ「私がフクちゃんを(抱えて)遠ざける!」と意気込んだ友人がやってきて、
闇にまぎれたフクちゃんを探そうと半歩下がったところ
まさかのそこにフクちゃんがいて踏んづけてしまうというアクシデント発生!
リアル猫ふんじゃった状態。
当然フクちゃんはふぎゃぎゃぎゃぎゃと泣きながら飛び退り、
慌てた友人が「ごめんフクちゃん大丈夫?!」と駆け寄るも
ふぎゃぎゃぎゃぎゃと威嚇しながら逃げて行ったそうです。

結果的にトラから遠ざけてくれたわけですが、、、
恩人(猫)になんてことしてくれたんだと非難轟々の友人。
功労者なのに罪人扱いされる流人の島でありました。

その後のフクちゃんはというと、変わらず天気のいい日には遊びに来てくれます。
気がかりだったケガとかもなくて本当によかった…!
ありがとうそしてごめんなさい^_^;

飼い主さんに聞いたところ、フクちゃんは東日本大震災で津波に流されていたのを保護された猫だそうです。
福島のフクちゃん。不思議な縁で島にやってきたフクちゃん。
相変わらずトラさんと目が合うと威嚇しあう仲ですが、
うちにとってはまさに救世主。フクの神であります。

鎮座されるフクの神

<<終>>

トラさん脱走事件

先日、うちの愛猫トラさんが脱走しました。

img_1961

トラさんは繊細でおとなしく、まったりとした穏やかさんなのですが、
頭もよく、意外に抜け目のない子だったりします。
前の家でも網戸を器用に開けてベランダで風に当たったりしてました。
島に来てからも、一度ほんの一瞬のスキをついて網戸を開け
外に飛び出したことがあったんですが、我々が必死の形相で追いかけまわしたのに懲りたのか、
それからは自分で網戸を開けることもありませんでした。

そんな風に油断していた先日、夜の9時過ぎに、カーテンの影に隠れて網戸を開け脱走したトラさん。
その時、友人を招いて宴会中だった我々は、しばらくたってからそのことに気づきました。
気づいた瞬間真っ青になり、みんなで表に飛び出しあたりを探し回りました。
時間が時間なので、控えめな音量で名前を呼びながら。

トラは14歳ともうおじいちゃん。
都会のマンションでぬくぬく暮らしていた完全な箱入り猫です。
島の野良ネコちゃんに遭遇したら100%フルボッコにされてしまう。

夜、しかもうちの周りは街灯も少ないし、何より家の周囲がロベ畑!!完全なる闇です。
猫にとっては隠れる場所なんかいくらでもあります。
はっきり言って見つかるあてもなく途方に暮れていた時に、
縁側に近所の黒猫・フクちゃんが現れました。

kimg0039

天気がいい日にはうちの庭先に現れ、トラさんと威嚇しあう間柄のフクちゃん。
夜にうちに来るのは初めてでした。
トラはもう戻ってこないかもしれない・・・と憔悴していた私は
「フクちゃん、うちのトラさん探してきてよ」と冗談半分で話しかけました。

「オレには関係ねぇぜ」とでも言いたげなクールな眼差しで闇に消えていくフクちゃん。
黒猫ってほんとに夜だとどこにいるかわからなくなるな・・・とぼんやりしていたら、
一緒にトラを探してくれていた友人が「なんか声しなかった?」と。
聞き耳を立てると、たしかに近くで猫のうなり声が。
トラの声だ!!!!

声のする方へ静かに近づいて行ってみると、お隣さんの床下から威嚇しあう猫の声が。
(島のお宅は湿気や鼠対策のため、高床式のおうちが多いです。うちもそうです)
床下を覗き込むとフクちゃんの目と鼻の先で固まるトラの姿が!!

い、いたぁぁぁぁぁ~~~!!!!

<<後半に続く>>

img_1968

夏の思い出・・

台風が三個も来てワタワタしてる間に8月が終わってしまいました。
9号が一番すごかった。
なにがすごいって、風の音がすごすぎる!
「ドオォォォ…」っていう地鳴りのような風の音で、
屋根どころか家が吹っ飛ぶんじゃないかという恐怖と騒音で眠れず。。
たまに突風が吹いて、家の中にいるのに耳が気圧で変になったり。。
停電にもなりました。
といっても2時間くらいで復旧したんですが、
逆に真夜中なのにどうやって復旧したんだろう…なんで停電したんだろう…
と送電システムについて考えるキッカケになりました。

■海でウミガメと遭遇
8月の頭に私の一族が遊びに来てくれまして、
みんなで海に行ったところ!
ウミガメに遭遇しました~!

IMG_1416

IMG_1415

底土海水浴場の、普通に遊泳ゾーンでよ?
ダイビングとかボートシュノーケルとかでなくてよ?
いつもは上から眺めるだけだったウミガメと一緒に泳げて興奮!
すぐにどっか行っちゃったけど、一緒に泳いだ義姉さんたちも大喜び!!
いい思い出になってよかった~。

間近で見てもウミガメかわいいよ。
岩についた海藻をハムハムしてました。
なお、ウミガメに遭遇しても、絶対に触っちゃダメです!
警戒してしばらく姿を見せなくなっちゃうそうです。
そりゃ驚くし警戒するよね~。

■ペルセウス流星群
みずがめ座の次はペルセウス流星群!
友人と、仮眠を取ってから夜中に観測に出かけました。
山道の途中に車を停めて1時間以上見てたのかな。
たくさん流れました!
流れないで、メテオのように一瞬でカッと燃え尽きるタイプにも
遭遇しましたが、あれはかっこよかった・・・!
流れ星は撮れなかったけど、星空の撮影に挑戦。

IMG_1542

■花火大会
底土港で開催される、納涼花火大会。
道がものすごく混むと聞いていたので、
八丈富士から花火を見下ろすことにしました。

IMG_1527

花火の数もなかなか立派!
見ごたえがありました~。
ふたつの山がくっついた、ひょうたん型の八丈島。
そのふたつの山の谷間に轟く花火の音にシビれました。

ありがたいことに8月は仕事も多く、
仕事と台風にワタワタしていたらあっという間に過ぎました。。
海もあまり行けてないのですが、9月でも全然入れるそうなので
まだまだ夏は終わらない!終わらせない!(`Д´)

ばばごろしのシロップ漬け

伊藤潤二先生のような猟奇的なタイトルですが。。。

先日島のスーパーに行ったところ、見慣れない瓜が置いてありました。

FB_IMG_1470900292416

ばばごろし

思わず二度見してしまうネーミング。

気にはなったものの、食べ方もわからないし買わずにいたのですが、
なんとご近所の方からおすそ分けでいただきました♪

KIMG0414
ばばごろしがうちに来たぞー!

包丁を入れる前から、ものっすごいメロンの香りがします。
しかも完熟したあっま~いメロンのいい香り!すごく美味しそう!

割ってみます。

CpgNL4PVUAEf_mg

切った時の感触はバナナのような、熟れたラフランスのような感じ。
さらに強くなるメロン臭!これは期待が高まります。

ここでばばごろしの名前の由来を調べてみると、
・美味しくて食べ過ぎてばあさまが死ぬ
・まずくて喉にひっかかってばあさまが死ぬ
と諸説あるようで。。。ってか真逆じゃねぇか!

とりあえず何もつけずに一口食べてみました。

・・・

味しねぇ。

ラフランスから水分を抜いたような、ザラザラした食感。
確かに喉に絡みつくような不快感があります。。
そして強い香りに反したまったくの無味。。

どうやら諸説その2の方が正解のようです^^;

ただ、地元の方はハチミツをかけて食べると教えていただいたので、
そのようにしてみたところ、甘みが入るとだいぶ食べやすいことがわかりました。

そこでシロップ漬けにしてみることにしました。

水に砂糖をぶっこんで火にかけシロップを作り、粗熱を取ったら島瓜を投入!
あとは冷蔵庫で冷やします。

IMG_2142

翌日、恐る恐る食べてみると。。。

メロンだ!!!!

甘みと水分が補われることで、元々のメロンの香りもあって
ほぼほぼメロン(食感が少し独特)になりました。
これは美味しい♪

ということで、諸説1も間違いではなかったことがわかりました(笑)

光るキノコと流れ星っ

夏休みシーズンになって観光客の方が増えたように思います。
海は子供たちでにぎわってるし、スーパーに行っても
観光客らしき集団がバーベキューの買い出しをしたりしてて。

島内でも色々なイベントをやってますが、
植物公園で夜に「光るキノコ観察会」を開催中ということで行ってきました。
八丈島は国内に10数種類ある光るキノコのうち、実に7種類が生息しているらしい。
そのうちのひとつ、ヤコウダケ。

KIMG0332

ちょっとピントが甘いけど、足元もわからないような真っ暗闇で
フラッシュなしでこれだけ映るほどに光っているのです。
2日くらいで溶けてしまったりカタツムリに食べられたりしてしまう、
短命なキノコなんだそうです。
かわいくて神秘的です。

ガイドさんの説明もわかりやすくて、キノコだけじゃなくて
星座の説明なんかもしてくれて、行ってみてよかった!
かなり観光客の方も来てました。
キノコもそうだけど、みんな星がすごく見えることに感動してましたw

そう、今日は雲もあまりなくて、空がすっきり晴れてたんです。
なんでいつにも増して星がすっっっっっごいよく見えた。

そしてなんともいいタイミングで、この時期みずがめ座流星群がピークってことで、
流れ星を見たことがない私としてはぜひとも見てみたい!
ってことで、観察会が終わってから南原千畳敷近辺で夜空ウォッチング。
なぜこの場所かというと、街灯とかがなくてほんっとに真っ暗なので^^;

実は前日も行ってみたんだけど、あいにく雲が出てしまってよく見えなかったんだ。
しかし今日は違う。もう星がありすぎてどれが星座だかわからないくらい星ありまくり。

その中でも火星・土星・木星は特に光ってたな。
水平線ギリギリで光る木星の光が海面に伸びて、
月の道ならぬ星の道ができてた・・・!
ロ、ロマンティック!

結果として、計3回の流れ星を見られました!
30分くらい見てたのかな。それで3回も見られたってすごいよな!
帚つきが2回、帚なしでサッと流れたのが1回。
すごい・・流れ星って本当にあるんだw

でも想像していたよりも流れ星って速いな。
長いものでも1秒くらいで消えてしまうから、
願い事なんて言う暇ないわな。。。
「昇給!昇給!昇給!」くらいなら言えたかもしれないw

人生初の流れ星に感動した夜でした。

うみだあああああ

海の日の3連休あたりから、梅雨明け宣言は出てないものの、
もう梅雨明けたんじゃね?という好天が続くこのごろ。
海へ行ってきましたよー!

この日は乙千代ヶ浜(おっちょがはま)へ島友とGO。

IMG_1349

おっちょが浜は海水プールがあったり、磯だまりがあるので
小さなお子さんでも安心して遊べますが、
外海の方がすごく綺麗で魚がいっぱいいるんだそうです。
ただ荒れることがけっこうあるみたいで、そうなると外海はNG。
静かな時と荒れる時の差がすごく激しいそうです。

この日はとっても凪で波が静かだったので外海に入ることができました。

入ってすぐ、まだ足がつくところで、メダカサイズの小魚の群れや、
カラフルな南国っぽい魚が波に翻弄されながらたくさん泳いでいるのが見えます!
海中カメラで撮影開始!(オットが)

IMG_1340
よく熱帯魚屋さんとかでも見るけど、なんて名前だろう。。
今度ビジターセンターに行って確認しよう。

透明度高し!画面の下の細長いのはダツの群れです。

IMG_1302
ダツって頭がとんがってて硬いんですよね。
前日、そのダツは光に向かって突っ込む習性があり、
「夜間ヘッドライトなどで海面を照らしていると、
時速70kmで飛び出してきて頭に突き刺さるらしい
という都市伝説なのか実話なのかわからない話をしていたので
ダツの群れに怯え慄く我々。

なんとかカニ。(名前を聞いたけど忘れた。。)
IMG_1319

味噌汁とかに入れるとダシが出て美味しいそうです。
けっこう大きいやつだと片手サイズのやつもいたので捕まえる勇気はなく。。
前脚で岩の海藻を器用につまんでパクパク食べてるのが可愛かった。

これもなんて名前だろう?けっこうでかかった!
IMG_1346

アイシャドウばっちり子ちゃん。
IMG_1343

ここからは自分の携帯カメラで撮ったのであまりきれいじゃないですが、
青い小さいのがコバルトスズメ。すげーキレイ!

Effectplus_20160724_120805

こちらも携帯カメラで撮った孤高のオジサン。

KIMG0308

そしてやはり怖いダツの群れ。。

KIMG0296

一時間ちょい、シュノーケルで楽しみましたが、
まだまだ写真に撮れなかった魚がいっぱい!
魚以外にも、岩にへばりついた小さな何かなど、
ほんとに多種多様な生き物に会えました!

植物公園にあるビジターセンターには、八丈の海で出会える
生き物が水槽で展示されていてけっこう楽しいんですよ。
今度そこで魚の名前を勉強してこよう。。

 

釣りベンジその2

さて、前日の大漁の興奮も冷めやらぬ我々は翌日も同じ釣り場へ。
前日お世話になった釣り人さんが何人かいらっしゃったのでご挨拶すると
今日は全然ダメ、とのこと。朝から粘ってるけど群れが来ないと。
ただその釣り場の壁を隔てた向こう側では釣れてるから
どうも昨日の群れがそっちに移動したみたいだよと、
これまた有益な情報をいただき、いそいそと向かってみました。

したら、ほんとにいた!
群れがウヨウヨ、しかも前日よりも海面に近いところにいるのか
魚影がすごくよく見える!

群れが移動する前に釣るべ!急げ!!
と慌てて準備をしてコマセを撒き糸を垂らす・・・・

5秒でヒット!!(体感的に)
しかもでっけぇムロアジ~!

あまりのヒットの早さにオロオロしながらも針を外しクーラーボックスへ。
さーこの調子でいければいいけどな~と針を垂らし・・・・

10秒でヒット!!(あくまで体感的に)
いやもうほんとそのくらい、まさに入れ食い状態でした。

この日はコマセを撒いた時の食いつきがすごくて、だからなのか仕掛けにもよく食いつくこと。
あんまりにもバカスカ釣れるもんだから、途中からフィッシングハイ?状態になり、
オットの「もうクーラーボックスいっぱいだよ」の声にも耳を貸さず釣りまくった!

ちなみに友人はたくさんのムロアジの群れの中からなぜかフグを2回も釣り上げて
「お前じゃない」と言いながらリリースしてました。
(フグって水揚げするとプクーって膨れるのね!)
その後、ちゃんと大きなムロアジも釣れて、
結局2時間ちょいの釣りで合計22匹!
最後はほんとにクーラーボックスがパンパンでした^^;

本当に釣れる時は写真撮ってるヒマもないんだなぁと感慨に浸りつつ帰宅。。

ムロアジ22匹!
こうやって出してみてようやく「どうしようこれ・・・」と途方に暮れた。

とにかくムロアジはアシが早いということなので、何はともあれ3人がかりでさばきまくる。
2時間近くかかったかな。。魚さばくのってかなりの重労働ですね。

もう新たな献立を考える気力がなかったので、昨日と同じアジフライとアジの刺身でこの日は夕食。
やっぱり釣りたてはプリプリでうまーい!
たらふく食って初めての爆釣体験となりました。

 

 

さて、ここからはその後の調理をちょっとご紹介。

まず前日食べ残ってしまった刺身はたたきにしました。

KIMG0226
たたきというか半分ヅケみたいな。
醤油と酒にさっとムロアジを漬けたら、そこにミョウガ・大葉・しょうがのすりおろし・ゴマなどをお好みで混ぜて完成。
醤油に島唐辛子を入れるのもいいですね。
ご飯が進むー!

 

それから、これがウマイ!ムロアジの炊き込みご飯

KIMG0229

塩焼きにしたムロアジをほぐしておいて、
ほんだし、しょうゆ、酒、しょうがの千切りと一緒に炊飯器に入れてご飯を炊くだけ。
ムロの出汁がご飯にしみて、生臭さはいっさいなく、身にも味がしっかり。
炊き立てホワホワのうまさはもちろん、冷凍にしてチンして食べても美味しかった。
ハマるうまさです。

 

そして22匹の半分は、やってみたかった一夜干しに挑戦!
KIMG0224

作り方は色々なネットの情報をつまみ食いして、
まず頭と内臓を抜いて水けを綺麗に拭き取ったら腹開きにして、
塩分濃度10%の塩水(2リットルの水に200gの塩)に、2時間くらい漬けました。
(漬けこむ時間はもっと短くてよかったんだけどうっかりして漬けすぎちゃった;)
塩水から出したら軽く流水で流して水けをよく拭き取り、皮を下にして干し網へ。
サーキュレーターで風をあてて、室内で一晩干しました。
朝起きて、表面が乾いてたんでひっくり返して2~3時間。

季節的に、気温と湿度的に冷蔵庫でやる方法がよかったのかもなんだけど
冷蔵庫に空きがなかったので、臭い覚悟で室内干しにしました。
次の日によく換気したら臭いは気にならなくなったのでよかった。

さっそくできあがりを焼いてみた。。。
KIMG0225
身もパサつくことなく、ふわっとして塩気もちょうどよかった!

一夜干しなんて初めて作るんで、これが正解かはわからないけど、
自分的には大満足の出来でした。

方々に配ったらほぼ消費できたので、また釣ってくるぞ~!

梅雨の釣りベンジ

梅雨ですね。
故郷の群馬や東京近郊では水不足が懸念されているようですが、
島はよく降ります。
降らない日も、湿度90%が通常運転な今日この頃です。
家の中がジメジメべたべたして気持ち悪いっす。
除湿機も数時間稼働させれば満水になるし
そもそも除湿機の湿度表示がメーター振り切って「Hi」表示。。
(それでも運転すれば68%くらいまで下がるんだから除湿機すげぇ)

でも、風がよく吹くので、外に出れば気持ちがいいです。
群馬のあの無風のうだるような蒸し暑さと比べると快適!
東京と違って、夜になれば気温も下がるしね。
島友曰く、梅雨が明けたらカラッとするらしいので、梅雨明けが待ち遠しいです。

さて、初釣りから一か月。
仕事やら悪天候やらで釣りの機会もありませんでしたが、
先日オットの友達が来島してくれたので、みんなで釣りに行ってきました。

前と同じ釣り場に行ったところ、やはり見える小さな魚影。。
釣り具屋さんに、「この頃ムロアジが大きくなってるから、針は6~8号がいいですよ」と
アドバイスいただき、6号の針を垂らしたところ、早々にヒット!
小ぶりなムロアジがさっそく釣れました♪
(友人はメジナゲット!)

やっぱりプロの話を聞くのがいいんだな~と思いながらしばらく糸を垂らしましたが、
その後あたりがなく・・・
ん~なんでだろうなあと悶々としていたところ、
少し離れた所で釣っていた方が、「アッチの方ででっかいのバンバン釣れてるよ」と
声をかけてくださった!やさしい!
教えていただいたスポットには何人か先客がいたんですが
スキマに入らせていただいたところ、
さっきまで見てた魚影とは一回りくらいデカイ群れが泳ぎ回っている!!
ムロアジの群れキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!

さっそく糸を垂らすと、ひっかかりはするんだけどなかなか釣れず四苦八苦。
そうこうしてたらお隣の方が「針は何号?8号がいいよ!」と
これまたアドバイスをいただき、しかも仕掛けを下さった!!
優しすぎる!
恐縮しつつさっそくその仕掛けを使ってみたら
バンバン釣れる。
えっ今までのはなんだったの?ってくらい釣れて、
途中でリールのハンドルが行方不明になる不可解な事象が起こりながらも
気が付いたらみんなで9匹も釣り上げていました。
20~30cmくらいの立派なムロアジです!!

いやー楽しくてテンションあがって、写真撮る暇もなかった(笑)
ようやく釣りの楽しさが少しわかってきた気がします。

それにしても、釣り人さんがみなさん親切でありがたかったです♪
釣りながら色々アドバイスして下さったり、針を抜くのを手伝って下さったり。。
本当に助かったし、おかげで楽しい釣りになりました^^

この日の釣果!
KIMG0217
ムロアジ9匹にメジナ1匹。(メジナ撮り逃した~)

さー釣ったあとは食べる!!!
この日はオーソドックスにムロアジの刺身、フライにしました。

KIMG0220

普通のアジと比べて身の厚みが全然ちがう!
だからフライにした時の満足度が全然ちがう!!
揚げたてサクサク、中はフワフワむちむちで、タルタルソースと合うんだこれがまた!
刺身ももちろん美味!鮮度がいいから臭みもなく、
贅沢にぶ厚くスライスしたので食べごたえ充分♪

釣り好きでマイ竿を持ってきた友人もとても楽しんで喜んでくれたので、
これで島を気に入ってくれたらいいな(´ω`。)

ちなみに、この翌日、さらなる爆釣となったのですが、それはまたの機会に。。