ばばごろしのシロップ漬け

伊藤潤二先生のような猟奇的なタイトルですが。。。

先日島のスーパーに行ったところ、見慣れない瓜が置いてありました。

FB_IMG_1470900292416

ばばごろし

思わず二度見してしまうネーミング。

気にはなったものの、食べ方もわからないし買わずにいたのですが、
なんとご近所の方からおすそ分けでいただきました♪

KIMG0414
ばばごろしがうちに来たぞー!

包丁を入れる前から、ものっすごいメロンの香りがします。
しかも完熟したあっま~いメロンのいい香り!すごく美味しそう!

割ってみます。

CpgNL4PVUAEf_mg

切った時の感触はバナナのような、熟れたラフランスのような感じ。
さらに強くなるメロン臭!これは期待が高まります。

ここでばばごろしの名前の由来を調べてみると、
・美味しくて食べ過ぎてばあさまが死ぬ
・まずくて喉にひっかかってばあさまが死ぬ
と諸説あるようで。。。ってか真逆じゃねぇか!

とりあえず何もつけずに一口食べてみました。

・・・

味しねぇ。

ラフランスから水分を抜いたような、ザラザラした食感。
確かに喉に絡みつくような不快感があります。。
そして強い香りに反したまったくの無味。。

どうやら諸説その2の方が正解のようです^^;

ただ、地元の方はハチミツをかけて食べると教えていただいたので、
そのようにしてみたところ、甘みが入るとだいぶ食べやすいことがわかりました。

そこでシロップ漬けにしてみることにしました。

水に砂糖をぶっこんで火にかけシロップを作り、粗熱を取ったら島瓜を投入!
あとは冷蔵庫で冷やします。

IMG_2142

翌日、恐る恐る食べてみると。。。

メロンだ!!!!

甘みと水分が補われることで、元々のメロンの香りもあって
ほぼほぼメロン(食感が少し独特)になりました。
これは美味しい♪

ということで、諸説1も間違いではなかったことがわかりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です